助成金情報


2022年度 真如苑 子ども食堂支援助成(真如苑)(終了)

「食」を通した子どもの支援や、そこから派生した居場所づくりや学習支援などの活動を対象に助成します。

対象団体は、無料もしくは低額で食事を提供する「こども食堂」、フードパントリー等、食を通じた活動を?う非営利団体、または、これから「こども食堂」を始めようとしている非営利団体。

対象事業は、こども食堂、弁当配布、フードパントリー、学習支援、子どもの居場所、お楽しみイベントなど。

■期間:2022年4月25日(月)~2022年5月25日(日)

 

■詳細:https://kobo.shinnyo-en.or.jp/wp-content/uploads/2022/04/202204youkou.pdf

______________________________________

 

◆「業務スーパー×むすびえ エコバックで子ども食堂を応援しようプロジェクト基金 mini」助成(全国こども食堂支援センター・むすびえ)(終了)

必要とする地域の方たちに対する食の支援に関する活動が対象です。

全国のこども食堂団体向けです。

■期間:2022年4月25日(月)~2022年5月9日(月) 23:59

■詳細:https://musubie.org/news/5079/

______________________________________

 

◆「ハウス食品グループ本社・こども食堂基金 mini」助成(全国こども食堂支援センター・むすびえ)(終了)

こども食堂を必要とする地域の方たちに対する食支援に関する活動が対象です。

全国のこども食堂団体向けです。

■期間:2022年4月25日(月)~2022年5月9日(月) 23:59

■詳細:https://musubie.org/news/5085/

______________________________________

 

コロナに負けるな!浅井スクスク基金(公益推進協会)(終了)

新型コロナウイルスのまん延によって生活困窮に追い込まれている子供やその家庭の支援に関する助成プログラムです。今年新たに始めた、または始めようとしている事業が対象です。

■期間:2022年4月25日(月)~2022年5月30日(月)

 

■詳細:https://kosuikyo.com/%e5%8a%a9%e6%88%90%e9%87%91-2

______________________________________

 

◆丸紅基金社会福祉助成金(丸紅基金)(終了)

対象は、全国の社会福祉活動に従事する施設・団体。

助成先は、障がい者、児童・青少年、高齢者関連の施設・団体など多岐にわたっており、昨今の社会情勢を反映し、ひきこもり支援、女性保護、生活困窮者支援に従事する団体や、子ども食堂、フードバンクなど、行政の手が届きにくいと思われる団体の案件も採択されています。

■期間: 2022年5月2日(月)~2022年6月30日(木)(申込は郵送のみ)

■詳細:https://www.marubeni.or.jp/topics/entry-78.html

______________________________________

 

◆第1回「子どもまんぷく基金」助成 (日本フィランソロピック財団)(終了)

養育環境の理由で十分な食事が取れない子どもたちへの食事支援事業や、子どもたちを養護している施設や団体への食事支援事業が対象です。

■期間:2022年4月11日(月)~2022年4月26日(火)

■詳細:https://np-foundation.or.jp/information/20220411.html

______________________________________

 

◆2021年度休眠預金事業新型コロナウイルス対応支援助成「こども食堂を通じた復興格差是正・防止事業 -コロナ禍をよりレジリエントな地域創造のステップに-」(全国こども食堂支援・コンソーシアム)(終了)

対象となる事業は

・都道府県単位で、個々のこども食堂の再開支援、一般市民・事業者向け立ち上げ支援

・感染症対策アドバイザーの派遣体制の整備(「検討委員会」と連動)

・生活支援(生活困難家庭への臨機応変な直接支援、こども食堂への委託を通じた間接支援)

・フードバンク機能の充実(フードバンク団体との連携も可)、フードドライブ拠点の増加等)

など

■期間:2022年4月11日(月)〜2022年5月2日(月)17時まで

■詳細:https://musubie.org/news/4972/

______________________________________

 

◆学校給食用等政府備蓄米の交付 (農林水産省穀物課)

新型コロナウイルスの感染拡大を背景に、学校給食の補完機能を果たす「子ども食堂等」に加え、子ども食堂に集まりにくい中で、子育て家庭に食材を届ける「子ども宅食」の取り組みが拡大しています。

農林水産省では、従前より政府備蓄米を活用して、学校給食におけるごはん食の拡大を支援してきた無償交付制度の枠組みの下、子ども食堂等や子ども宅食においても食育の一環としてごはん食の推進を支援します。

■申請受付期間

・第1四半期:2022年4月1日(金)~2022年5月16日(月)

・第2四半期:2022年7月~8月中旬

・第3四半期:2022年10月~11月中旬

・第4四半期:2023年1月~2月中旬

■詳細:https://www.maff.go.jp/j/seisan/kokumotu/bichikumai.html

______________________________________

 

◆子育て給付金申請サポート募集(全国こども食堂支援センター・むすびえ)(終了)

誰もとりこぼさないために、あなたの周りに政府からの10万円をまだ受け取っていない家庭はありませんか?

情報を届け、相談にのり、受け取るべき人が受け取れるようサポートしてくれるこども食堂さんを募集します。

ご協力いただけるこども食堂さんには、謝金をお支払いします

■期間:2022年3月1日(火)〜2022年3月15日(火)

■詳細:https://musubie.org/news/4845/

______________________________________

 

◆令和3年度厚生労働省補助事業「ひとり親家庭等の子どもの食事等支援事業」社会福祉協議会、社会福祉法人・福祉施設等が行う子どもの食生活支援に係る緊急助成 (全社協)(終了)

新型コロナウイルス感染症の影響等により困窮する世帯の子ども等への食生活支援を行う活動団体に対して、社会福祉協議会、社会福祉法人・福祉施設等の全国ネットワークの強みを活かし、資金面から緊急的に広く応援することを目的として実施します。

■期間

【第1次募集】2022年2月28日(月)17:00(終了)

【第2次募集】2022年3月1日(火)~ 2022年3月15日(火)17:00(終了)

■詳細:https://www.zcwvc.net/member/news/2022/02/10/1683/

______________________________________

 

◆2022年度(第20回)ドコモ市民活動団体助成事業(モバイル・コミュニケーション・ファンド)(終了)

経済的困難を抱える子どもを支援する次のような活動を支援します。

【学習支援活動】放課後放課後学習サポート、訪問学習支援、学習能力に合わせた個別ケアなど

【生活支援活動】子育てサロン、子ども食堂、ヤングケアラーやシングルマザーへの支援、フードバンク、居場所の提供など

【就労支援活動】職業体験、社会的養護退所者の就労支援など

■期間:2022年2月16日(水)~2022年3月31日(木)

■詳細:https://www.mcfund.or.jp/jyosei/2022/no20/requirements.html

______________________________________

 

◆長期化する若者の「コロナ失職」包括支援(READYFOR)(終了)

助成対象事業は以下のとおりです。

【子ども及び若者の支援に係る活動】

・日常生活や成長に困難を抱える子どもと若者の育成支援

・社会的課題の解決を担う若者の能力開発支援

【日常生活又は社会生活を営む上での困難を有する者の支援に係る活動】

・働くことが困難な人への支援

・社会的孤立や差別の解消に向けた支援

【地域社会における活力の低下その他の社会的に困難な状況に直面している地域の支援に係る活動】

・地域の働く場づくりや地域活性化などの課題解決に向けた取り組みの支援

■期間:2022年2月22日(火)~2022年3月15日(火)※午後6時まで

■詳細:https://drive.google.com/file/d/1Y2IgwgQIBkI-Ew4Dq9qaEmDqQhbs4zUE/view

______________________________________

 

◆「ひとり親家庭等の子どもの食事等支援事業」助成事業(全国食支援活動協力会)(終了)

新型コロナウイルス感染症の影響等により困窮するひとり親家庭を始めとした、要支援世帯の子ども等を対象とした子ども食堂、子ども宅食、フードパントリー等を実施する団体を支援します。

活動資金助成と食品提供事業があります。

■期間:2022年2月18日(金)~2022年3月10日(木)

■詳細:https://mow.jp/cn1/r3kourousyou.html(特設サイト)

______________________________________

 

◆「わかば基金」支援金部門(NHK厚生文化事業団)(終了)

地域に根ざした福祉活動を行っている任意のボランティアグループまたはNPO法人で、支援金でより活動を広げたいという団体を応援するものです。

食料を提供するフードバンクや子ども食堂などの生活困窮者支援活動も対象になります。

■期間:2022年2月1日(火)~2022年3月30日(水)※郵送のみ受付

■詳細:https://www.npwo.or.jp/info/21416

______________________________________

 

◆地域子供の未来応援交付金(内閣府)

都道府県又は市町村が子供の貧困対策として実施する以下の(1)~(4)の事業が対象です。

(1) 実態調査・計画策定

(2) 子供等支援事業

(3) つながりの場づくり緊急支援事業

(4) 新たな連携によるつながりの場づくり緊急支援事業

■新型コロナウイルス感染症対応としての交付金活用例

・子ども食堂や研修会等の多くの人が集まる事業の実施に当たり、アルコール消毒液やマスク等の衛生用品を購入するための経費

・感染防止のため密にならないよう、通常より大きな会場とした場合も含め、会場借料等の経費

・食材や弁当容器等の購入費、マッチングした食材を運ぶための輸送費等の事業に必要な経費

■期間:通年

■詳細:https://www8.cao.go.jp/kodomonohinkon/torikumi/koufukin/index.html

(地域子供の未来応援交付金 概要(パンフレット)~ 連携体制の整備や先行的なモデル事業を中心とした先進事業例及び活用状況 ~)

https://www8.cao.go.jp/kodomonohinkon/torikumi/koufukin/pdf/jirei_katsuyo.pdf

______________________________________

 

◆ファミリーマート&むすびえこども食堂助成~春募集~(全国こども食堂支援センター・むすびえ)(終了)

子どもたちに給食のない春休みやゴールデンウィークなどの活動を支える一助となればと、春のこども食堂の継続を応援する助成プログラムです。

コロナ禍においても、こども食堂の事業を通じた食支援や居場所づくりを助成対象期間中に実施する団体を支援します。法人格の有無や活動年数は問いません。

フードバンク専門団体は対象外です。

■期間:2022年2月25日(金)10:00 ~2022年3月14日(月)15:00

■詳細:https://musubie.org/news/4815/

______________________________________

 

◆Givers Gain? Grant(BNI財団ジャパン(終了)

児童・青少年を対象とした非営利の教育プログラムに対して助成金を交付します。

■期間:2022年2月1日(火)~2022年4月30日(土)

■詳細:https://www.bnifoundation.jp/grant-guidelines/

______________________________________ 

 

◆2022年度「子ども第三の居場所」実施自治体を募集(B&G財団)(終了)

子どもたちが安心して過ごせる環境で、自己肯定感、人や社会と関わる力、生活習慣、学習習慣など、将来の自立に向けて生き抜く力を育む「子ども第三の居場所」の設置および運営を支援します。

市区町村が行う自治体直営事業、運営団体への委託事業、運営団体への補助事業が対象です。

■期間:2021年10月7日(木)~2022年3月31日(木)

■詳細:https://www.bgf.or.jp/activity/daisan-ibasho/20211028_boshu2022.html

______________________________________

 

◆地域活動団体への助成「生活学校助成」 (あしたの日本を創る協会)(終了)

生活学校とは、身近な地域や暮らしの様々な課題について、学び、調べ、話し合い、他のグループとも協力しながら、実践活動のなかで解決し、生活や地域や社会のあり方を変えていく、そんな活動に取り組むグループです。

生活学校の趣旨に賛同し、参加を希望する地域活動団体の募集を行い、当協会から活動経費の助成を行います。

現在は全国運動「食を通じた子どもの居場所づくり」に取り組み、全国の団体が連携した運動の展開を図っています。

■期限:2022年4月30日(土)

http://www.ashita.or.jp/sg2.htm

______________________________________

 

◆「あんのん基金」支援団体募集(日蓮宗)

天災、貧困、環境など様々な社会活動・地域貢献・国際協力を行う団体や活動を支援します。

貧困、虐待、いじめ、不登校、引きこもり、障害、非行など、さまざまな生きづらさを抱えた子どもたちへの学習・生活支援活動も対象になりました。

■期間:随時

■詳細:https://www.nichiren.or.jp/annon/

______________________________________

 

◆地域助け合い基金(さわやか福祉財団)

共生社会を推進するための助成として、地域で暮らす人同士の助け合い活動(つながりづくりを目的とした居場所や地域活動を含みます)を対象とし、新たに団体を設立する場合のほか、新たに活動を広げる場合やコロナ禍に対応して特別な助け合い活動を行う場合も含みます。

<活用テーマの事例>

・子ども食堂支援・配食支援の体制づくり

・一人親家庭への物品支援

・生活困窮家庭等のオンライン学習環境整備

・在日外国人の生活・学習・就労支援

■期間:随時

■詳細:https://www.sawayakazaidan.or.jp/community-fund/

______________________________________

 

◆メイスン財団助成金(メイスン財団)

福祉、医療、教育、芸術など様々な分野で、社会的弱者及び障がい児(者)を対象に活動している団体、法人に対し、機器、施設の改善、備品の購入など、活動に必要な資金を援助します。

特に子どもを対象とする直接的支援プロジェクトを支援します。

■期間:随時

■詳細:http://www.masonicfoundation.or.jp/guidance.html

______________________________________

 

◆令和4年度 助成金(ペガサス財団)

福祉、教育及び地域環境の保全を推進するための事業に対し助成します。

■期間:2022年2月1日~2023年1月31日

■詳細:https://www.meikei-nhr.co.jp/pegasus/joseikin.html

______________________________________

 

◆つなぐ助成(つなぐいのち基金)

一人親・里親・貧困家庭の児童、難病児など、社会的ハンディキャップを抱える子どもたちを支援する団体や事業プロジェクトに助成します。

重点項目として「子どもの居場所・地域コミュニティによる困難家庭の子どもへのサポート事業の継続のための支援」を挙げています。

■期間:毎年5月~6月

■詳細:https://tsunagu-inochi.org/notice/application-for-grants/

 

______________________________________

 

◆フードバンク支援緊急対策事業(農林水産省)(終了)

新型コロナウイルス感染の影響の長期化により、子ども食堂や生活困窮者等へ食品を届きやすくすることが課題となっています。本事業では、食品ロス削減を図りながら、これらの施設に食品を提供するフードバンクの、食品の受入れ・提供拡大に向けた取り組みに必要となる経費を支援いたします。

食品の受入れ・提供の拡大に必要となる一時保管用倉庫、運搬用車両、入出庫管理機器等を定額で支援を行うとともに、食品の輸配送費を定額の範囲内で支援します

■期限:2022年2月28日 17:00

■詳細:https://www.dei.or.jp/research/research08/research08_07.html

______________________________________

 

◆原田積善会 助成金(原田積善会)

現在は子どもや若者を対象に、格差拡大による子どもの貧困や虐待対策、難病に苦しむ子どもと家族など次代を担う若者への支援を目的とした活動への助成に重点を置いています。

応募者の行う社会事業にとって必要不可欠と認められる具体的な物品購入とか特定のプロジェクト資金。

■期間:随時

■詳細:http://www.haradasekizenkai.or.jp/grant/app.html